払うことが損なのか、仲介手数料のこと一緒に理解しましょう

仲介手数料はいつ支払うのか

仲介手数料を払う場合というのは「土地や中古住宅を不動産業者を通じて購入した場合」と「不動産業者が紹介してくれた物件に賃貸入居を決めた場合」の2パターンがあります。
どちらの場合も「土地や住宅の元のオーナー」「賃貸物件の大家さん」と言った所有者と「買い手」「借り手」の立場の人がいます。
土地売買の場合、売主も買主も仲介不動産業者に対して仲介手数料を支払うのが原則です。
複数の業者が仲介に入っていることも稀ではないので、売主はA不動産会社に、買主はC不動産商会にそれぞれ手数料を支払うと言った場合もあります。
3社以上の会社が仲介に入っている場合は業者間の取り決めによって仲介手数料の取り分が決められており、仲介手数料が業者の数によって変動することはありません。

賃貸契約の場合は原則借主が仲介手数料を払いますが、手数料に該当する費用を大家が不動産業者に支払って借り手の負担を軽くしている場合もあります。
これが、いわゆる「仲介手数料不要」とか「仲介手数料半額」という謳い文句で広く認識される様になったサービスです。
こうした経営ノウハウはほとんどの場合不動産会社の担当者から大家へ提案されているはずですので、どちらかといえば広いネットワークを展開していて、成功事例を多く提示できる大手の不動産会社の方が実現しやすい方法と言えるでしょう。
大家にとっては入居者が集まってこその賃貸住宅ですから、こうしたサービスによって入居者を増やし、家賃収入で最初の負担をペイしていくというのも不動産経営の方法の一つですね。

仲介手数料を払うのは誰でしょう

賃貸契約にしても、中古物件売買にしても、色々な節目があります。 契約書を締結するときか、鍵の受け渡しのときか、住宅ローンの借り入れが出来たタイミングか、一体いつ不動産会社に仲介手数料を支払うのが正しいタイミングなのでしょうか。 いざという時バタバタしないためにも把握しておきましょう。

仲介手数料のお値段はいくらか

チラシやWebで見かける「仲介手数料無料」「仲介手数料半額」の広告。 無料にできるってことは、そもそも払う必要のないお金を余分に払わされているのかと心配になることも。 無謀な金額にならない様、法律で定められたボーダーラインもあります。 確認していきましょう。

節約や活用も考えよう

仲介手数料がどの様なものなのかが分かってくると、不動産情報の見方も変わってきます。 仲介不動産業者に対して仲介手数料の割引交渉ができるのか、また、納得して支払う為、仲介業者をどの様に活用すればいいかを考えてみました。 タブーな印象もあるお金の事、色々な情報を知ってスマートに対応したいですね。