払うことが損なのか、仲介手数料のこと一緒に理解しましょう

節約や活用も考えよう

仲介手数料は何に使われているのか

これまで色々と記述してきた仲介手数料ですが、支払った費用はどのようなことに使われているのでしょうか。
基本的にはこの費用が仲介業者を存続させていると考えてください。
例えば、不動産を売りたいオーナーがいればそちらを訪問して資産価値を把握したり、広告を展開して買主を募集するために費やす費用や時間、「アパートを借りたい」という人が訪ねてくれば会社の車で何軒かの物件を回り、大家と借主の間に立って契約を成立させるための経費が絶対に発生します。

もし、全くのサービス(無料)でこうした活動をしていてはその業者はすぐに廃業に追い込まれてしまうでしょう。
売買にせよ、賃貸にせよ、「売りたい」「貸したい」「買いたい」「借りたい」という人達が存在します。
それぞれの思いや希望により近い形で契約が整うよう、心を砕いてくれる業者には、それに見合った報酬を受け取る権利もあるのです。

賢く業者と付き合いましょう

先に述べたように、私たちが負担する「仲介手数料」というのは、私たちが一番納得できる物件に出会うため、またその物件を所有したり借りるために色々と手を尽くしてもらった仲介業者に対して支払う成功報酬です。
逆に言えば、納得できる物件に出会うまで業者にはしっかり手伝ってもらえる訳です。
決して安くはない金額でも、契約に至るまでに仲介業者に対し「十分やってくれた」と思えれば、納得して支払えるのではないでしょうか。
もちろん、こういう気持ちで付き合える業者に出会うことも大切なことだと思います。
是非、複数の業者に話を聞いてみてください。
色々な業者のタイプが分かっている事で自分に余裕が生まれることもありますのでオススメです。

少しでも事前知識を持っていることで「仲介手数料を支払うこと=損をしたような気持ちになる」という認識を少しでも変えることができれば何よりです。